6社の大手自動車メーカーが2040年までに世界でガソリン車の販売を中止することに合意

現在スコットランドのグラスゴーで開催されているCOP26国連気候変動会議で、世界の指導者たちは2015年のパリ気候協定以来、世界がどのくらい遠くに来ているかについて議論し、新しい、より野心的な未来目標について交渉しています。 米フォード、ゼネラルモーターズ(GM)、メルセデス·ベンツなど6つの主要メーカーと30の政府は、2040年までに、2035年までに世界の「リーディングマーケット」での新車販売を中止することで合意した。
しかし、トヨタ、フォルクスワーゲン、日産·ルノーのような大手自動車メーカーは、米国、中国、日本の3大自動車市場の政府と同様に、この約束への署名を控えている。

6つの製造業者と30カ国は、国連気候変動会議で、2040年までに世界中でガソリンとディーゼル車の販売を終了することを約束しました。
また、2035年までに「リーディングマーケット」で特定車の販売を段階的に中止することを求めている。
ウーバー、フォード、ゼネラルモーターズ、メルセデスベンツ、ボルボ、ジャガーランドローバー、中国の自動車メーカーBYDなど20社の艦隊運営会社と共に契約した。

従来の電気自動車と水素燃料電池車の販売をすべて含む「2035年頃までに排出ガスゼロの新車とバンの販売を100%達成するための努力」が、拘束力のない約束の目標だ。
ボルボ、ジャガーランドローバー、中国メーカーのBYDも、前述の3社に加え、この約束に加わった。 2019年の世界の販売の約4分の1は署名付き製造業者によって代表されました。Uberを含む20の艦隊オペレーターは、2030年までに彼らの艦隊で完全にゼロエミッション車を使用することにコミットしました。

すでにEV販売が本格化したノルウェー、スウェーデン、オランダ、英国など欧州諸国が協約締結国30ヵ国に含まれた。 世界4位の自動車市場であるインドが大きな買収戦を繰り広げた。
その国は、ルワンダやトルコのように、以前はガスやディーゼル車の販売停止の期限を定めていなかった数少ない国の一つでした。 ワシントンとカリフォルニアもこの文書に署名しました。

ブリティッシュコロンビア、カナダ、インド、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スウェーデンが加盟30カ国に含まれた。 各国政府の数は、会議の主催者からの報道に基づいて、以前は29から31の間であると推定されていました。

インドは世界第4位の自動車市場であり、これまで自動車の排出ガスを完全に除去すると約束していなかったため、特に注目に値する。

2020年に世界で最も売れたメーカーであるトヨタは、2025年までに全世界で15車種の電気自動車モデルを提供するという抱負を今年表明したにもかかわらず、加盟国リストから著しく外された。 日本の自動車メーカーは、電気自動車の技術に関してより注意を払いながら、水素燃料電池車などの代替品に賭けを続けています。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *