商用車及び車体部品の製造業者

インドの物流環境がさらに堅固になり、商用車市場が急速に拡大している。 自動車メーカーが完成車を市場に出すために依存している部品や車体部品の製造は、拡大によりスピードを上げている。
専門技術が発達した自動車の必要性が高まるにつれ、部品メーカーはこの需要を満たすために最先端の車体部品を開発しなければならない。
この変革は、自動車デザインの特徴を再定義する新しいデザイン手法によって促進されています。 この特別版のカバーストーリーはダイムラー·インディア·コマーシャル·ビークルで、その驚くべき多様な製品提供により、インドの中型トラック部門と大型トラック部門が注目を集めています。
DICVは、さまざまな業界のさまざまな顧客組織の要求に応じて、製品とソリューションを調整します。
常に市場を注視し、ラインナップの空白を埋めるために新しいアイテムの導入を優先している。 三菱ふそうトラック·アンド·バス·コーポレーション(MFTC)とダイムラー·インディア·コマーシャル·ビークル(DICV)は、それぞれの強みを結合してダイムラー·トラック·アジアを形成する2つの独立した法人だ。
彼らは、製品開発、生産、研究開発から販売、市場開発活動に至るまで、さまざまなプロジェクトで協力しています。
今回のエディションには、ユニークなTipper&Trailer製品を専門に生産するインドのトップトレーラーメーカーであるVazronも登場する。 Vazronは、優れた設計設備(ULW)のおかげで、最小の無負荷重量で商用車の使用量を増やすためのエンドツーエンドソリューションを顧客に提供する。

この市場ニッチを徹底的に分析した結果、クリエイティブな考え方でこの分野で優秀な商用車·車体部品メーカートップ10を特定しました。 これらの組織は、顧客の期待を完全に満たすために、品質と提供に対するコミットメントを示すことで競合他社と一線を画しています。

ABCN製造–ABCNは非常に熟練した知識豊富なスタッフを抱えており、最も困難な市場問題にも対処するのに苦労しません。
Bharatforge–インド最大の自動車鍛造会社、世界最大のシャーシ部品メーカー、自動車部品メーカー。
CroyanceAutomotiveは、持続可能な成長を優先する市場の新参者であり、2015年に設立されました。
DeccanAuto–お客様に最高のサービスを提供することに専念しているため、業界では類を見ないスピードで拡大しています。
ForceMotors–さまざまな自動車部品、材料、自動車の設計、開発、生産において、ForceMotorsは有名なブランドです。
スズキ·マルティ-商用車スペース市場で世界的に認知されているブランドで、長年この業界をリードしてきた。
IsuzuSML–SMLIsuzuのお客様は、国際的な安全要件に従って構築された多数のトラックとバスを利用できます。
SparkMinda–約500のディーラーの重要な販売代理店は、インドの自動車部品のトップメーカーの1つであるSparkMindaIndiaによって提供されています。
TITruckBodyWorks–創業以来、インド最大の商用車ボディメーカーの1つであり、最も有名なTITruckBodyWorksは、この分野の新しいベンチマークを確立しています。
ボルボ·トラック·インド–ボルボ·トラック·インドは、インド市場と国際市場の両方で有名なブランドであり、数十年にわたって市場に信頼性のある長期にわたる商品を生産してきました。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *