デジタルマニュファクチャリングとは、具体的には何ですか?

製造サービス、サプライチェーン、製品、およびプロセスにおけるコンピュータシステムの使用は、デジタル製造として知られています。 デジタル製造テクノロジーによってシステムとプロセスを接続設計から製造への統一されたアプローチを実現するために、すべての生産部門にまたがって最終的な製品メンテナンスを実施します。製造業の意思決定の質を高めながら、次のプロセスを強化することが可能である。コスト削減を実現し、市場投入までの時間を短縮し、次のような共同製造プロセスを開発するは、プロセスをモデリングおよびシミュレーションすることによって、デジタルツールを物理的な生産実行と統合します。 製品ライフサイクル、スマートファクトリー、バリューチェーンの3つに大別される。経営陣。これらはそれぞれ、設計から製品まで、製造を実行するための個別の領域を指します。生産ラインの改善とより良い商品のための資源最適化のための革新顧客満足。製品のライフサイクルはエンジニアリング設計から始まり、ソーシング、製造、および勤続年数。 各フェーズでは、デジタルデータを使用して、設計基準を変更できるようにします。生産工程。スマートファクトリでは、スマートマシン、センサー、およびツールを使用して、についてリアルタイムでフィードバックを提供しています。プロセスと生産技術を提供します。 このデジタルトランスフォーメーションにより、の可視性が向上します。運用を組み合わせてパフォーマンスを向上させるための生産プロセス、制御、および最適化情報技術のある技術。バリューチェーン管理戦略は、リソースを削減することに焦点を当てて、製品の品質と顧客を維持しながら、在庫を少なくして最適化されたプロセス満足。 プロセスの最適化に加えて、デジタル製造は設計にさまざまな利点をもたらします。 その3Dモデリングソフトウェアを使用して、ツールとマシン、工場のフロアレイアウトとこれらの設計上の利点は、生産ルーチンから始まります。製造プロセスのシミュレーションによって、次の機能を強化するための戦略を発見できます。生産が始まる前に安く速く加工する。生産開始後も、システムを監視して、ずれや問題を検出することがあります。可能な限り迅速に解決することができます。 航空宇宙および防衛産業では、デジタル生産の採用が増加しています。 これにより、クラウドコンピューティングによるサプライネットワークの統合により、プロバイダはより多くのインタラクションを行うことができます。効率的に。デジタル製造テクノロジは、添加剤などの自動化プロセスでの使用にも適しています。印刷、積層アイテムの製造、およびCNCの切断、ミリング、およびラッシング。 製造プロセスにおける情報の使用が自動化されるにつれて、デジタル化が進む製造業は今後も継続し、増加することが期待される。相互接続されたシステムにより、Industry4.0の上昇はJoined-の傾向を継続する可能性が高い。競争力を高め、運用を改善および簡素化するために、製造業を強化します。

ProtoLabs,Inc.(NYSE:PRLB)は87%という大幅な組織的な支持を得ている。
所有権。

誰がProtoLabs,Inc.(NYSE:PRLB)を真に支配しているのかを理解するには、まず最初に、会社の所有構造を理解する 機関は最大のシェアを持つグループである企業全体の約87%を占めています。 言い換えれば、このグループは最大のアップサイドポテンシャルを持っている(またはダウンサイドリスク)。多額の資金と研究資源を自由に使えることを考えると、機関の所有権個人投資家を中心に大きな比重を占めている。 その結果、多くの一般的に、企業に投資される機関資金は、企業の将来に対する大きな信頼の証である。 ProtoLabsには、同社のかなりの部分を所有する機関投資家がいることがわかる。これは、これらの機関のアナリストが株式を見て気に入っていることを意味します。 だけど,他の人と同じように、彼らは間違っているかもしれない。多くの機関が株式を保有している時は、いつも「混雑した取引」の危険性がある。このような取引がうまくいかないと、多くの政党が迅速な株式売却のために争うことになるかもしれない。 この危険はです。成長の実績のない企業では、より大きな成果を挙げてください。 ProtoLabsの過去の収益と売上が表示されるここで、ただし、物語には常により多くのものがあることを覚えておきましょう。 投資家は、機関が法人の半分以上を所有していることを認識し、企業が企業の半分以上を所有できるようにしなければならない。集団で強大な権力を振るう ヘッジファンドはProtoLabsでごく一部を所有している。 18%で未償還株式のうち、BlackRock,Inc.は同社の筆頭株主である。 比較すると、2位と3位のオーナーがそれぞれ約10%と6.8%の持分を保有している。 企業の組織所有権データを調査することは意味があるが、調査することも意味がある。どちらの風が吹いているかを見極めるアナリストの意見。 アナリストはそこそこいる株式をカバーしているので、彼らの将来についての集団的な見通しを得ることが有益かもしれない。 投資家は、機関が法人の半分以上を所有していることを認識し、企業に与えるべきである実質的なてこ入れ ヘッジファンドはProtoLabsの持分が少ない。 BlackRock,Inc.は現在開催中会社の未償還株式の18%。 比較すると、2番目と3番目に大きい所有者は、それぞれ約10%と6.8%の株式を保有している。企業の機関所有権統計を調査することも重要ですが、同様に重要です。どの方向に風が吹いているかを調べるためにアナリストの意見を研究する。 かなりの数があるアナリストが対象としているので、彼らの将来についての集団的展望を知ることは興味深いかもしれません。私たちのデータによると、InsiderがProtoLabs,Inc.の名義を持っているのは1%未満です。 だってそうなんだもん大企業、取締役会のメンバーは、重要な意味を持たずにそれに関連する持分を持っている可能性がある釣り合いのとれた投資。 この例では、彼らは約650万ドルの株式を保有しています(現在)。価格)。

ProtoLabs-純正コンポーネント。 本当に早い。

ProtoLabsは、世界で最も迅速なモデルと少量生産部品の供給源です。先端3Dプリンティングを使用して数日で部品を生産する技術的に進んだ企業です。CNC加工と射出成形技術。 その結果、設計者とエンジニアがメリットを得ることができます。非常に速い市場価値とオンデマンドな製造資源から製品のライフサイクル全体を通じて、 ●1999年に設立されたProtoLabsは、独自のプラスチック注入の迅速な生産を専門としている成形部品。 同社は2007年にCNC機械加工サービスを開始し、2014年に3Dに移行した。添加物製造を含む印刷。 ProtoLabsは多国籍企業で、米国、欧州、日本のフルサービス製造施設。 ProtoLabsは、生産された部品に関連するコストとリードタイムを根本的に変更しました。 そのRapidMakerは、1~10,000個のコンポーネントを1~10,000個購入できる、迅速でシンプルでコスト効率に優れたソリューションを提供します。従来のベンダーが部品の価格を設定する前に、部品を頻繁に提供することは数日の問題です。 これらの独自のソフトウェアによって手間のかかる作業が自動化されたため、短納期が実現可能である金型設計とツールパス生産のプロセス。 ProtoQuoteは、製造可能性(DFM)分析エンジンのための自動見積もりと設計をオンラインで提供します。は、デルの迅速な生産能力の基盤です。 製品開発者は3DCADを提出することができるオンラインモデルを作成し、数時間以内にインタラクティブな見積もりを取得します。この見積もりには、無料の設計分析とリアルタイムの価格設定。 設計分析では、発生する可能性のある問題を特定し、迅速な解決策を提供します。 これは、設計エンジニアが製品開発のスピード違反を回避するのに役立つ反復技術。 ProtoLabsは最先端の3D印刷テクノロジを採用しており、複雑な幾何学を持つ小さな部品から金属部品の製造3Dプリントは1~50枚程度の大きさに適しており、フォームやフォームに便利です。適合性テスト、マルチパートアセンブリの削減、場合によっては完全に機能していることがあります。コンポーネント。 同社のCNC機械加工サービスは、3軸フライス加工とライブツーリングを組み合わせて、30個以上の在庫のあるプラスチックと金属材料から最大200個を作る。 その結果、プロトタイプテスト用の機能部品、治具、および固定装置、およびエンドユーザーアプリケーション。 ●急速射出成形は数百種類のエンジニアリングで最大10,000個の部品を生産可能プラスチックと液体のシリコンゴム素材を使用し、少量の製造に最適です。ブリッジングツール、または製品のライフサイクル全体を通じてオンデマンドパーツ。

Bluetoothデバイスは脆弱ですか?

1990年代、Bluetoothはデータ交換に革命を起こし、市場に参入した。破壊的なワイヤレス技術、会話を傍受するための搾取の努力は明らかだったすぐにデータを盗むことになるでしょう。 AdamLaurie(A.L.Digital)は当初、セキュリティ上の欠陥を特定しました。2003年のBluetoothデバイス。 当時、ブルースナフリング、ブルーバグ、ブルージャックの3人がいた。最も一般的な攻撃。Blusnarfingは、デバイスに保存されているデータへの不正アクセスを許可します。Bluebuggingは完全に指揮官です。BluetoothデバイスとBluejackingは、招待されていないデータの送信だけに制限されます。デバイスに保存されているデータへの追加アクセスがありません。 Bluetooth接続がアクティブである必要があります。これらの攻撃が発生する現在の環境。つまり、デバイスを検出可能である必要があります。またはペアリングの準備ができています。 これらの攻撃は単にハードウェアを対象とするのではなく、ワイヤレスネットワークも対象とする。ネットワークセキュリティは悪意のあるアクセスポイントによって回避されます。 ObjectExchange(OBEX;オブジェクトエクスチェンジ)メカニズムは、ブルースナフリングを許可する最も頻繁にハッキングされるプロトコルです。このプロトコルを使用すると、接続されたデバイス間でデータを転送できます。各データ交換を許可するOBEXPushProfileなどのそのサブサービスは、任意のを呼び出します。データを送受信するデバイスを確認するための認証。 不正な情報共有攻撃者が既知のデータに対するOBEXPushTarget要求とOBEXGET要求を結合した場合に発生します。ファイルを保存します。 Bluetoothの主要なネゴシエーションは、ITセキュリティ、プライバシー、およびアカウンタビリティ(CISPA)は、2019年にを使用して報告されました。(KNOB) 経由でターゲットデバイスに接続することにより、Bluetoothの脆弱な暗号化認証プロトコルにより、攻撃者はこのアプローチを実行できます。中間者攻撃 これらの攻撃は、例えば、一般的なスマートロック機能に大きな影響を与えることができます。 いつお客様のガジェットは、ノートパソコン、携帯電話、携帯電話などの信頼性の高いデバイスにリンクされています。スマートウォッチを使用すると、この機能を使用して”sc”モードにすることができます。 このテクノロジは、デバイス範囲内で識別情報をブロードキャストすることで、攻撃とデバイスを作成します。追跡の可能性が高くなります。 攻撃者が実行できるシンプルさ、スピード、および範囲を覚えておく必要があります。Bluetooth5.0の改善をより効果的、より広範囲、より迅速に実施することで、セキュリティを侵害することが、 だがBluetooth5.0はデバイス認証をサポートしており、ユーザー認証はサポートされていません。 利用する場合Bluetooth5.0、ユーザー認証対応アプリケーションを有効にすると、セキュリティが大幅に向上青のスナイプ攻撃に対して。 Bluetoothは何度も繰り返し使用して増加しますが、セキュリティについては、その使用に関する制限に頼る必要があります。

これら3つの一般的なビジネス上の死亡の罠を避けてください。

創業経験のない創業者と創業に熱心な初の事業主自分の会社は時々、重要な権利ではないことに夢中になる今すぐ。”一般的に、ビジネスパーソンが重要でないことに集中しているときにわかります。 彼らの注目はブランドのアパレルやビジネスなどのアイテムに必要な時間よりも長い時間を流用カードと適切なタイトルが表示されます。 ビジネスの優先順位は常に変化しているため、回避することが重要企業を成長させようとしている間に、緊急に必要としないリソースを無駄にすること。 目的の順序とそのフローの違いを認識する。このように考えると、次に実行すべきことがボトルネックになるため、実行速度が遅くなります。特に初期の段階では。 初心者の起業家は、これによって燃え尽きることがある。摩擦しかし、経験豊富なビジネスマンは、いくつかの目標が活動的であることを知っている。特に最初は、同時に作業しました。難しいのは、脳は秩序を渇望しているが、私たちはしばしばいくつかのことに注意を払う必要があるということだ物事が完成するのを見るために、すぐにそれらを見届けること。 優先順位付けのメリットとリスクを認識する。行動するかしないかのすべての決定には、特に、リスクまたは機会コストが伴います。複合化の影響が最も大きい始まり。 このような状況では、目標の評価リスク対リターンの観点から、ターゲットリストにアクセスする方法を選択することができます。熟練した創設者は、新しいクライアントを追加することから始めます。 企業の成長は、特に次のような場合に発生します。時間の経過とともに悪化し、危険な状態になることはほとんどありません。 しかし、経験の浅い道を行くことは、すべてのことを意味します。期待して危険にさらされている第1段階から第8段階に投資される資源(時間、お金、精神力など)ステップ9の目標を達成し、新しいクライアントを導入します。創業者がステップ1~8を発見する可能性があるため、リスクはさらに高まります。時間の経過とともに変化する LLCまたはC-Corpの方が意味があるか、ロゴが最高のスーツ あなたの起業家的スタイルを認めましょう。 普遍的に適用できる立場ではない。起業家精神は、自分が誰であり、どういう人間なのか完全には理解できないという点で、人生と似ている。経験がない限り行動しなさい。 問題を1つのステップで解決できると信じられます。時にはあらゆる面で進歩を遂げなければならないということを知るためだけに。 最初は、いくつかの必須条件を満たす必要がありますが、これらの要件がどのように満たされているかを確認します。完全に個人の自由です。 自分が誰であり、どのようにしているかを認識している経験豊富なビジネスオーナー 成功するビジネスを構築するための理想的な道筋を設計することが最も効果的です。 推奨事項

RSMUS製造業見通し指数:堅調にもかかわらず、地合いは悪化
アクティビリティー。

彼らは収縮期または収縮期近くにあったが、ニューヨーク、リッチモンド、およびカンザスシティー地域は、前月比で小幅上昇した。RSMによると、製造活動は依然として平均を1.6下回っている。5つの地域中央銀行によって実施された製造業者調査の総合的な測定。地域別にもかかわらず、総合指数は1年中鈍化している。月ごとの活動は、時折拡大と縮小の間で交互に行われています。典型的には、製造業の活動が経済全体の拡大を牽引しているため、1年間の製造業の景気減速は景気後退の可能性を示唆している。しかしながら、労働市場の堅牢性、製造業者のサプライチェーンへの弾力性問題と生産性に対する継続的な投資は、短い不況と始まりを示しています。リバウンドの 産業生産全体が前年比3.3%向上したことを強調することが重要である。10月まで、価格の不安定さによってもたらされた悲観的な態度にもかかわらず、慢性的なサプライチェーン問題今月発生するこのサイクルのピボットを支持するさまざまな議論があります。第一に、企業はより多くの人材を採用したいと言い続けている。 これは家族の収入を増やすだろう消費者支出を奨励する。採用計画は来年製造業全体が1%増加するという予測を裏付けている景気の全般的な低迷にもかかわらず、自動車などの需要が滞っていることと相まって防衛費第二に、景気を押し上げる機械への設備投資の増加について、企業は引き続き報告している。生産性、サプライチェーンの問題の解決、および課金された価格の引き下げ。 すべてそれはインフレを下げるのに役立つだろう。耐久財の受注は前年同期比10.7%急増し、3ヵ月平均は3ヵ月ぶりだ。10月に含まれる資本財受注の将来予測代理店の年間成長耐久財の報告は5.7%だった。 第3四半期を終了するために、同じ商品の出荷量同期間に5.3%上昇した。第三に、サプライチェーンが懸念している自動車販売のバックログが発生する可能性があります。これにより、耐久財の受注回復も支援されます。 私たちは車の販売を確信している。融資金利の上昇がこのような需要を緩和する可能性があるとしても、強気は続くだろう。第四に、ロシアとウクライナの紛争で米国の兵器庫は枯渇している。 してもいいです。国防費の増加に伴い、産業環境の改善を期待する。米軍の兵器保有量の一部を代替することは、やや荒唐無稽だが製造予測のカードは、おそらく2019年に非公式のブーストとして機能するでしょう。 さらに、それは 一般化を促進するための政策を実施することが困難な時期に発生する財政チャンネルを通じた発展。 しかし、来年の製造業と産業生産の話に防衛費の増加が含まれることは確かです。

COVID-19以降、米国の製造業生産量、労働時間、生産性
増加する。

2020年第2四半期の製造業生産は、次のように年間43%減少した。新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まった反面、労働時間は38%減少した。 第二次世界大戦以来、これらは最大の減少 自動車の創造は基本的に停止し、いくつかの施設は換気扇の生産にも貢献した。化学物質、設備、食品、飲料、タバコ製品、一次金属、金属製品は、その他の重要な製造部門であり、深刻な状況にあります。影響を受けました。 第2四半期の減少を免れた重要な産業はありませんでした。 急速な回復は自動車部門によって推進され、製造業の生産があった。大流行以前の5%以内のレベルに戻った。自動車とその部品の生産は、次の3四半期にわたって部分的に減少しました。サプライチェーンの問題のために。 他のいくつかの産業の回復、その他の産業を中心とした産業の回復化学製品、機械、コンピュータおよび電子製品が増加した。製造業全体の生産量。2020年第3四半期には、製造業の生産が再び増加しました。 第3四半期2020年は、産業生産(53%)と労働時間(30%)の年間最大の増加を記録した。パーセント)。 製造業の生産性は、生産高として過去最高の18%向上労働時間を上回る速さで反発した。2020年第2四半期以降の労働時間の減少が第2四半期に発生して以来、最も多い製造業の生産性が9%以上上昇した2021年第4四半期。 2022年第2四半期の製造業生産量は3.5%増加した。新型コロナウイルス感染症の影響を受けない最後の期間である2019年第4四半期は、それ以来着実に成長している。2020年第3四半期以降、製造業の労働時間は毎年増加している。四半期は2四半期で、すでに1.2%の低い水準に戻っています。2019年第4四半期 製造業の労働生産性は4.7%上昇した。2022年第2四半期と第4四半期 2019-21年の期間中に、両方の住宅部門の労働生産性が増加した。一戸建て住宅の建設による生産性は、生産高として年平均12.4%上昇した。労働時間の伸びを上回った。 生産性は平均7.5%向上しました。生産量が労働時間よりも急速に増加したため、多世帯住宅の建設。2007~19年と比較すると、両産業の年平均生産性増加率は増加している。2019年から21年までです。 2007年から2019年の間に平均生産量が減少した。 しかし、新型コロナウイルス感染症の時は パンデミックの年には生産量が大幅に増加し、一戸建て·多世帯住宅の労働生産性が向上した。

パキスタンの脱工業化は早すぎるのか?

持続的な経済成長を達成するためには、大規模な製造業(LSM)が必須だ。 のパキスタンの場合、LSMは製造業全体の78%を占めています。 9.5%、12.6%の増加率を示しています。労働力と国内総生産(GDP)が低迷しているにもかかわらず、産業は低迷している。過去数年にわたって 2020年6月の7.74%、2019年度の2.28%と大幅に減少した。新型コロナウイルス感染症の影響で景気が鈍化し、失業者が増加した。 ~によりLSMの契約により、我々は5人に1人のポジションを失い、彼らは交代しないかもしれない。 〜と税金を通じて入ってくるお金が少なくなれば、すでに準備されている経済をさらに悪化させるかもしれない。 現在のLSM部門の悪い成長を実際に煽っているものを理解することが重要だ。 そのLSM部門の業績は、製造業の量子指数(QIM)に代表される。指数の作成には、加重寄与金が使われる。繊維(20.92%)、食品、飲料、タバコ(12.37%)、コカコーラ、石油製品(5.51%)が上位3位の業種だ。 これらは、としての経済の暗いイメージを反映しています。自動車、革製品、木製品などの他の製品は、たとえそれらがそうであっても、全体重要度が低い(それぞれ6.6%、1.2%、0.8%)となり、活動が激減した。は、2020年4月時点でほぼゼロ(それぞれ97%、94.6%、89.9%)です。 輸出部門のゼロ金利体制の解消とパキスタンのエネルギー料金の引き上げは、次のような効果を生んだ。どちらも企業コストを引き上げました。 この地域の最大のエネルギー価格は、パキスタンの繊維部門に下落している。これはQIMの20.9%を占めています。 最近の減少にもかかわらず、MMBTUと電力あたり6.5ドルのガス1kWhあたり13.3セントから9.0セントまで、競合製品と比較すると依然として非常に高価です。インドやバングラデシュのような地域。インドは現在、追加のインセンティブを導入することによって、新しい市場を獲得する方法を開発しています。エネルギー価格を下げる その結果、繊維会社は地元で競争力を失っている。驚くことではない市場です。 これにより、輸出を4倍にすることができ、好ましいことに、今後数年間の輸出主導型の開発に影響を及ぼす 現在の緊縮政策とルピーの切り下げは、他の変数に過ぎない。産業部門に悪影響を及ぼし、LSMの下落につながった。 ルピーの切り下げは次のようなものだ。輸入原材料に依存する事業のコスト構造への深刻な影響。関税や非関税の障害は、生産を現地で競争力を持たせ、輸入を阻害する。高品質の原材料で生産量を増やす。 政策金利を上げることでインフレを下げることができる借入コストの増加、投資の抑制、需要の抑制、およびそれ以上の増加を伴わない全体的な生産と業界のパフォーマンスを阻害する。 その結果、効果的な産業が動作が停止したこともLSMの低下の一因となりました。例えば、LSMの減少の多くは自動車業界だけに起因しています。