自動車オンラインストアのご紹介: 自動インド

AutoIndia.comは、顧客と広告主のためのオンライン自動車旅行先のトップの一つで、アメリカ在住ではないインドのソフトウェア専門家グループによって設立されました。 AutoIndia.comのChandramouliVenkataraman社長兼CEOによると、「マウスをクリックするだけで、好みの車の利点を市場で入手できる他の車と比較することができる」という。

Chandramouliによると、2006年に会社が設立されて以来、この旅はエキサイティングなものでした。 Chennaiに拠点を置く同社のウェブサイトには、オンラインで新車や中古車、バイク、コンテンツ、ツール、アドバイスを提供するために、ディーラーの顧客、クラシファイド広告主、プライベートパーティーからの車が掲載されている。 車の購入者と販売者の相互作用を促進するために、在庫検索ツールと新車構成を価格詳細、写真ギャラリー、購入ガイド、比較ツール、オリジナルの編集コンテンツ、レビューと組み合わせる。

AutoIndiaは、購入と所有のライフサイクル全体にわたって実用的で徹底した自動車消費者エクスペリエンスを提供することで、自動車マーケターに新しい価値とタッチポイントを提供する。 Chandramouli氏によると、「AutoIndiaのマーケティングネットワークを通じて、同社はディーラー店を非常に意欲的で真面目な消費者の一貫した多様な流れと結び付け、同時にディーラーとメーカーの両方に精密なターゲットを絞ったブランドと製品マーケティングの機会を提供している」という。 このビジネスの最先端のWebベースの広告およびマーケティングプログラムは、販売業者と製造業者が顧客との関係を促進し、オンライン販売を効果的に管理および変換できるように支援します。

最近、AutoIndia.comが車両履歴スマートチェック機能の発売を発表した。 「SmartCheckは、詐欺や盗難に関する問題がある100万台以上の中古車に関するデータを提供するインタラクティブな機能です」とChandramouli氏は主張しています。 エンジンまたはシャーシ番号クローニングは、AutoIndia.comが消費者に警告する新しい形式の自動不正行為です。 盗難車両の身元を隠蔽するには、他の車両のエンジンまたはシャーシ番号を使用する。 残念ながら、不注意な車の購入者は最終的にこれらの盗難車を手に入れることになります。

警察の統計によると、今日、インドでは約5分おきに車が盗まれています。 これらの大部分は車とトラックです。 二輪車と乗用車の両方で、デリーが最も多くの盗難と詐欺を報告し、ムンバイとバンガロールが後に続いた。 Chandramouliによると、最近のAutoIndia.comの調査によると、過去5年間で販売されている盗難車の数が著しく増加していることが明らかになっている。 中古車と自転車の購入者がより賢明な決定を下すのを助けるために、AutoIndiaVehicleHistoryReports-SmartCheckはAutoIndia.comから直接アクセスできる。

今後数カ月のうちに、Chandramouliはいくつかの画期的な特許製品をリリースすると主張している。 これは、自動車バリューチェーンに役立つ、より手頃な価格のソリューションをセクターに提供することに専念しています。 これらのソリューションは、それぞれ独自の価値提案を持つ、さまざまなソリューションを提供します。

Chandramouliの目標は、自動車検索、デジタルメディア、インターネット放送、広告における同社の革新を拡大し、AutoIndiaの継続的なトップサービスとしての出現を支援することにより、自動車業界にコスト効率の高い効率的なマーケティングサービスを提供するというAutoIndiaのコミットメントをさらに発展させることである。自動車販売業者向けのソリューションのペンチ。 当社は、ディーラーが現在市場で直面している数多くの困難と課題を克服するために、より多くの車を販売し、利益を上げ、コストを削減すること、およびディーラーを支援することに専念しています。 AutoIndiaは、市場が現在のプラットフォームを非常によく受け入れたと報告している。

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *